ダブルボトム

次も値上がりするサインの勉強です。
ダブルボトムというチャートの形があります。

今回はそれを覚えましょう。

 

ダブルボトムとは、ボトム、つまり底が二つあるチャートの形です。
大きく見るとアルファベットの「W」の形のチャートの事です。
底が2つありますよね。
だからダブルボトムといいます。
このダブルボトムが、株価が上がるサインなのです。

 

ダブルボトムは、株価が下降基調にある時に見られます。
株が売られて、どんどん下がっていきます。
しかし人は、そろそろ上昇するんじゃないかと思い始めます。
しかし、いつ上昇するかは分かりません。
上昇して欲しいという人も出てきます。
つまり、上昇を待ち構えている人が増えるわけです。
何かのきっかけがあれば、その人達が買って上昇に転じるのでしょうが、そのきっかけがどこに現れるかはわかりません。
そのきっかけを教えてくれるのがダブルボトムです。

 

まずダブルボトムは、下落基調の株価のチャートで見られます。
下落していくと、株価はどこかで反発します。
しかしやはり下落していく時も、一本調子で下落していくことは珍しく、ジグザグに下落していきます。
下がってはちょっと上がり、また下がってはちょっと上がりを繰り返して下落していきます。
ですから、人はこのちょっと上がりを見ても、どうせまた下落していくと思って、なかなか買うことが出来ません。
ところが、このちょっと上がって再び下がった時に、大きく下がらないで、その直前に形成されたボトムと近いところで再度反発することがあります。
今までとは違う様相です。

 

これまではもう少し大きく下げてから上がったはずなのに、大きくは下げませんでした。
これが、ダブルボトムを形成しそうなサインです。
このWの出来かけ、Nの反対の様な形を見つけたら、注目しましょう。
数日後に稼げるかもしれません。

 

次に確認するのは、Wの真ん中のトップを、株価が越えるかどうかです。
Wの最後の右上がりが、真ん中のトップを越えるかどうかです。
ダブルボトムが形成されると、高確率でこの真ん中のトップの値を越える事が多いのです。
この真ん中のトップを越えた瞬間が買いのシグナルです。
この銘柄を買いましょう。

 

ただし、トップの値まで達しないで反発して再び下落していくこともあります。
ダブルボトム形成失敗です。
次のシグナルを待ちましょう。


ダブルトップ

ダブルボトムのその逆もあります。
それがダブルボトムです。

これはダブルボトムとは逆で、下落が始まるサインを教えてくれます。
Wの逆でMのような形を探します。

 

上昇基調の中で、いつ下落が始まるのか、いつ売るのがベストかとみんな考えます。
そんな時に、上昇して一度下落してすぐにジグザグに当たった時に、大きく上昇を続け泣いて、その前のトップと同じくらいの値で反発して再度すぐに下落する時があります。
これがMの形を形成しつつある、つまりダブルトップを形成しつつある時です。
この時真ん中のボトムを越えて株価が下落したら、下落基調に転じる事が多いです。
この辺が売る時のサインとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


  • 2015/06/17 22:31:17