直近高値、安値

次は簡単な見分け方です。
まず、株価がどこまで上がるかを見る方法です。
直近高値を見てみましょう。
直近高値は、最近で一番高い価格のところです。
一番高いところで一番最近のところです。
今の価格がここを越えた場合、そのまま上昇することが多いです。
少しでも直近高値を越えたら、買いどころです。

 

この直近高値が抵抗線になっていることが多いです。
はっきりとこの直近高値が抵抗線となって、何回か跳ね返しているとことも見られます。
この場合は、直近高値と、抵抗線の両方を抜けたというダブル構えですので、さらに上昇する確率は高いです。
迷わず買いを入れましょう。

 

では次にどこまで上がるのかという目安ですが、次は直近のその次に近い高値を目安にしましょう。
その第2直近高値を越えたらさらに上がる可能性が高いです。
そこで反発したら下落に移るか、そのあたりでしばらく停滞します。

 

それとは逆の事もあります。
直近安値です。
安値を付けた部分の中で一番最近のところを見ましょう。
そこが直近安値です。

 

下落基調の株価が、どこまで下がるか、まだ下がるのか知りたいところです。
その時は直近安値を見てみます。
下落している株が、直近安値よりも下がったらさらに下落する可能性が高いです。
もし株を持っているなら売った方が賢明です。
買おうとしていた人は底を打つまで待った方がいいです。

 

そしてさらにどこまで落ちるかは、第2直近安値を見てみましょう。
そこを越える様ならさらに下落していく可能性が高いので気を付けましょう。

 


三角持合い

続いては三角持合いについて説明します。
支持線で支えられながら、上値抵抗線でも反発してジグザグを形成している状態を、持合いの状態、もしくは持合い相場と言います。
これは支持線と上値抵抗線が並行で、同じ幅でしばらくジグザグに進んでいきます。
この時支持線か上値抵抗線を超えた時に、そのレンジを抜けて、下か上に抜けていきます。

 

さて、三角持合いはこれとは少し違います。
三角持合いとは、支持線と上値抵抗線が並行ではなく、右方向に狭まっている状態を言います。
同じジグザグなのですが、同じレンジで進むのではなく、先細りして次第に支持線と上値抵抗線が接触するように進んでいく相場の情愛です。
先がとがっているので持合いの中でも三角持合いと言われます。

 

三角持合いは上昇のシグナルと言われています。
しばらくジグザグで動いてエネルギーがたまった状態です。
株を持っている人、買いたいと思っている人がイライラしている状態です。
ですから、解き放たれた時にぐっと上昇します。
三角持合いは、普通の持合いよりも、ジグザグの回数が多いことがよくあります。
それだけエネルギーが溜まっているという事です。

 

では、上昇する時はどんな時か。
それは持合いの時と同じ、上値抵抗線を上に抜けた時です。
この時しばらく上昇は続くので、上値抵抗線を少しでも抜けたら買いサインです。
すでに株を持っている人は持ち続けましょう。
三角持合いはよく見られますので、見逃さないように。


  • 2015/06/17 22:31:17