板から判断する

次はチャートではなく、板から判断することを学びましょう。
買い板と売り板の状況から売り買いのポイントを見極める方法です。
下の板を見てください。

 

 売り      買い
1200 11100  
1200  11000  
800   10900  
500   10800  
300   10700  
    10600  
    10500 3000
     10400 3500
     10300 5000
     10200 12200
     10100 8100

 

これから何か読み取れますか?
買い板が厚い事に気が付きますか?
買い板の方が売り板よりも注文がたくさん入っていますよね。
これを買い板が厚い、と言います。
買い板が厚いと何が起こるか。
買い注文が多いという事は、買いたい人が多いという事です。
今現在の株価よりも、安いところにたくさん買い注文が入っていますが。
株価が下がらなかったり、上がって行ったりすると、これ以上下がらないなと見た人が、下の方の注文をキャンセルして、上の方に入れ直すことがかなり多くあります。
ということは、分かりますね。
株価が上がって行くという事です。

 

このように買い板が厚い時は買い時です。
さらに、先ほどのチャートのサインも同時に出ているようなときは、さらに確率が上がるでしょう。
逆に言うと、サインが出ている時に、板もチェックして、買い板が厚ければ、さらに確率が高いので、勝負に出てもいいと言えるでしょう。

 

 


売り板が厚い時

今度は次の板を見てください。

 

売り       買い
3000  11100  
3500  11000  
5000  10900  
8100  10800  
12200 10700  
     10600  
     10500  1200
     10400  300
     10300  500
     10200  800
     10100  1200

 

もう気付きますね。
そうです。
売り板が厚くて、買い板が薄いという状況です。
こうなると、どうなるか、もう予想できますね。
売りが進んで、株価が下がる可能性が高いという事です。
こういう場合は買うのをやめるか、ポジションを持っている人は売った方がいいかもしれません。

 

このように、板を読むという事はとても大事です。
中には、チャートを見ないでいただけを見て売り買いをして、利益を出している人もいるようです。
私にはそこまでの力はありません(汗)
チャートのサインだけでなく、板も必ず合わせてみるようにしましょう。


日経平均と為替

あと二つ、サインと板の他に見るものがあります。
それは日経平均株価と為替です。

 

日経平均株価は、日経新聞社がセレクトした225社の株価の平均値です。
(実際は単純な平均ではなく、銘柄ごとにウェイトを違うように計算しています)
これは、各銘柄の株価を反映しています。
しかし、それだけじゃありません。
逆に、日経平均株価を参考にして、各銘柄の株価も上下しているという側面もあります。
これはどういうことか。

 

各投資家は、出来るだけ参考にする材料、ヒントが欲しいので、日経平均も参考にするのです。
日経平均が上昇している局面では強気に出て、買いを入れやすいです。
逆に、日経平均が下落している局面では、売りを入れやすいのです。
これは、日経平均採用銘柄だけでなく、他の銘柄でも起こります。
日経平均株価と各銘柄の株価は、相互に影響しやすいのです。
ですから、各銘柄を売買する時は、日経平均株価も参考するようにしましょう。

 

また、同様にドル円の為替も影響します。
円高になれば、輸出企業が弱くなり、円安になれば、輸出企業が強気になります。
いろんな指標を見ながら、売り買いを決めてみてください。


  • 2015/06/17 22:32:17