アベノミクスでなぜ株が注目されたか

日経平均株価が2万円を突破しました。
2001年ころのネットバブルと同じ水準に達した事になります。

 

しかし、それがどうしたの?
と思っている人達は多いでしょう。
株が値上がったところで、私には無関係だと。
株を持っていた人たちは儲かりました。
持っていなかった人たちは儲からず、関係ないと吐き捨てています。
ではなぜ関係なかったのか。
それは株を持っていなかったからです。
もっと言えば、株に興味がなかったからです。
ではなぜ株に興味がないのでしょうか。
それはまず、株を知らないからです。
知らない事は損する事です。

 

このサイトでは株初心者に向けて、株の買い時売り時を解説して、よりリスクを低く、よりリターンを多く取ってもらう事をプロデュースしたいと思っています。
でもそれよりもまず、株って何?という方にも簡単に紹介していきたいと思います。

 

アベノミクス相場で株はまだ上がります。
経済アナリストでそう分析している人は多いです。
まだ遅くはありません。
株を知って、少しでも得をしましょう。


なぜ、株株と言われるのか

なぜ今世間はそんなに株と言うのでしょうか。
経済の現象として、日経平均株価が2万円を超えたことがめずらしいし、意義があるから、というのもあります。
日本経済の復調の証拠でもあるわけですから。

 

もう一つは、株が値上がったわけですから、株を持っていると儲かるからです。
日経平均が1万円の頃、100万円で株を買っていれば、単純計算で、2年後の今現在、そのお金は200万円になっていたということです。
何もせずしてお金が100万円増えたということです。
銀行に預けていて、そんなことになるはずはありません。

 

今銀行の金利は普通預金で0.02%くらいです。
これは、100万円を預けて、1年後に2000円もらえるという意味です。
株を買って2年後に100万円もらえることと比べると、とんでもない差です。
貯金でそれですから、一般人はお金を増やす手段がないのです。
ですから、増える可能性がある株というもの、いや、実際に増えた株に注目が集まるのです。

 

儲かったのは株だけではありません。
投資全般に言えることです。
しかし今回は投資の代表格である株についてピックアップします。
一般の人が一番手を付けやすい投資だからです。

 

日本人は貯金でお金が増えないなら、もう増やす手段はないと思い、嘆いていますが、お金を増やす手段は貯金だけではありません。
もっと言うと、世界的に見れば、お金を増やす手段が貯金だけと思っているのは日本人くらいのものです。
さらにもっと言えば、世界的に見れば、貯金なんてお金を増やす方法にカウントされていません。
預けているだけです。
では世界の人はどうやってお金を増やそうとしているのでしょうか。
それは投資です。


お金を増やすという概念

アベノミクスで株価が上昇しても、一般の人のほとんどが、ふーんと、自分には関係ないと、ニュースや情報にも見向きをしないのは、株に興味がないからです。
知識がないからです。
ではなぜ、株に興味も知識もないのでしょうか。
それはひとえに、投資に興味がないからです。
感心がないからです。
もっと言うと、投資と言う概念がないからです。

 

では、投資とは何ですか?
と質問されて、どれほどの人が答える事ができるでしょう。
おそらく日本のこの正答率は、先進国の中でも最低レベルにあると思います。
なぜなら、投資に興味関心がなく、世間的にも認知が低いからです。
世間話の中に出てきませんし、ニュースにもなりづらいですし、知識が浸透していません。

 

投資とは2つの意味があります。
一つは、企業を応援するという意味。
企業がお金が必要なときに、発行する株を買い、資金集めの手助けをして応援をするという意味です。
または、安定株主となって、敵対的買収からの防御壁となるという意味もあるでしょう。

 

もう一つは、純粋にお金を儲けるという意味です。
投資は株だけでなく、土地や金もあります。
株は企業の応援の意味もありますが、土地や金は自分のものですから、応援も何もありません。
こちらの場合は純粋にお金儲けのためです。
一般的には投資とは、こちらの意味の方が大きいでしょう。
「将来の値上がりを見越して購入して、差益を儲ける事」
が投資の主な意味です。
このサイトでは、こちらの意味での投資、株の解説をしていきます。


簡単に言うと、どうすると株で儲かる?

それでは、こまかい御託は置いておいて、どうやったら株で儲かるのでしょうか。
それが自分に出来そうなことならやってみよう、という判断につながると思います。
株が儲かる儲かると言われていても、自分に出来そうにないなら、結局は遠いところの話になってしまいます。
具体的な株での儲け方はこうです。

 

株は企業ごとに発行していますので、好きな企業をいくつかピックアップして、最近の株価の動向を調べます。
その中から値上がりしそうな企業を選びます。
銘柄と言います。
その銘柄を買います。
そして値上がるまで待てばいいのです。
50万円で買って、3か月後に55万円になったところで売れば5万円の儲けになるわけです。
お金に余裕がある人は100万円分買えば10万円儲けになります。

 

では、値上がりしそうな銘柄はどう見分ければいいのか。
それをこれからお教えいたします。

 

お金借りたい